【解決策】ミラブルの「悪い口コミ」で多い6項目!それぞれの解決方法まとめ

ミラブル

【解決策】ミラブルの「悪い口コミ」で多い6項目!それぞれの解決方法まとめ

アバター

アサミ

1000人以上の髪を手がけた元スタイリスト。美容業10年→トマト農家。頭皮アトピーと日々奮闘する30代2児のパパ。

ミラブルの悪い口コミを見たけど不安になる。購入しても損しないかな?

アサミ

その原因を調べましたか?ネット上には多くの悪い口コミがありますが、その中には事前に防ぐことができるものや、デマ情報も多いですよ。この記事ではミラブル歴5年の私が、多く見られる6つの「悪い口コミ」の原因と解決(または改善)方法をまとめました。

当サイトではこれまでの使用歴から、基本的にミラブルは効果のあるもの、かつそのメリットを紹介している記事が多いです。

しかし世の中の口コミを見てみると、当然ですが良い口コミもあれば悪い評価が多いことも事実です。

そこでこの記事では、ミラブルプラスやミラブルzeroなど、ミラブル製シャワーヘッドの「悪い口コミ」をこれまでの経験から解決していきます。

ミラブルの「悪い口コミ」で多い6つのジャンル

ミラブルについては、今やSNSや個人ブログなど多くのメディアで使用した感想レビューなどが溢れています。

アサミ

当ブログでも「4人家族のレビュー」で紹介しているような内容ですね。

そこで今回は、様々なメディアをリサーチし「悪い口コミ」に該当するものを6個ピックアップしてみました。

そうすると、結果として悪い口コミには以下のようなある一定のものに集約することができます。

悪い口コミは主に6ジャンルがある

  1. 故障に関するもの(ほぼ偽物が原因)
  2. ミストの温度に関するもの
  3. 接続に関するもの
  4. CM(油性マジック消し)の効果に関するもの
  5. オン/オフスイッチの有無に関するもの
  6. 効果に関するもの

以下よりそれぞれを詳しく見ていきます。

故障に関するもの

調べてみて以外に多かったのが「すぐ壊れる」といったものですが、この原因は単純です。

ほどんどの口コミにおいて、「正規代理店で購入していない」ということによるものです。

例えば某大手モールだとこのような感じ↓

このようなレビューがとても多くありますが、まずはこれを売っている偽物業者が最悪です。

騙されたユーザーは、値段が安などの様々な理由でこの偽物を掴まされているわけですからね。

しかし買う側のユーザー側としても、このようにミラブルは正規代理店以外は偽物という認識を事前に持っておかなければいけません。

このニセモノに関しては、サイエンス社でも注意喚起をしています。

出典:ミラブルHPより

このようなニセモノは、そもそもミラブルではないため、無償修理や交換などのメーカー保証を受けることができません。

ミラブル製品はCMなどもあり一気に注目されました。でもどんな製品でも一度注目されると、ニセモノを作る悪質メーカーが出てきて、それが安く市場に流通されるようになりました。

この偽物ミラブル、ネットだと相場よりもはるかに安い値段で販売されているのをちらほら見かけます。でも、それを買ってしまうと保証の対象外であり、そもそもウルトラファインバブルなどの効果もありません。まさに「安物買いの銭失い」という言葉がぴったりです。

アサミ

ミラブルの偽物が壊れるのは当然です。ミラブルの内部構造はこんなに複雑です(15秒)↓

この偽物をつかまないためにはどうすればいいか?「正規販売店で購入する」という選択のみです。

ミラブルの正規販売店リストはサイエンス社HPで公表されています→サイエンス社取扱店一覧ページ(外部リンク)

また、正規代理店でも店舗独自のキャンペーンを催している店舗があります。たとえば正規販売店のGWFでは、以下のようなメリットがあります。

正規代理店(GWF)のメリット

  • 30日間の返品保証(使用後でもOK)がある
  • 5年間の独自保証がある
  • 5,000円分のギフト券がもらえる

ミストの温度に関するもの

つぎによくある悪い口コミとして「ミストの水流が冷たい」といったものです。

この原因もシンプルで、以下のどれかに当てはまります。

ミラブルのミストが冷たく感じる原因

  1. 水温を低く設定している
  2. シャワーヘッドと洗う場所が離れている

まず「水温を低く設定」ですが、これは簡単にシャワーの設定で改善できます。

私の実体験としてはミスト使用時には3℃上げるとちょうどいい設定になりました。

つぎに「シャワーヘッドの距離が離れている」ですが、これも同じく動画で実験しています。結論を言うと、当然なのですがシャワーヘッドとの距離を離すごとに水温が冷たくなりました。

アサミ

それぞれの問題を実際に試してみました。詳しくは以下のYouTube動画をご覧ください。

またミストの冷たさの原因として、ミラブルの特徴「ウルトラファインバブル(UFB)」があります。UFBは、1μm(0.0001ミリ)以下という非常に小さな水滴です。

そのことから1粒のバブルの表面積が小さく、身体にミストが届くまでに空気でお湯が冷めるという事が、通常のバブルよりも発生しやすいのです。

アサミ

わかりやすく言うと「きりふきでお湯を身体にかける」姿を想像してみましょう。なんとなくイメージできますよね。

それではまとめです。

水温を低く設定している解決策は?

ミスト使用時には1~3℃ほどゆっくり水温を上げて調整する

シャワーヘッドと洗う場所が離れている解決策は?

最適な水温になるまでゆっくりシャワーヘッドに近づく

すごく当たり前で単純な方法ですが、この方法がマストな選択です。

アサミ

冷たいというのもそこまで大げさに「冷たくて浴びれない」ではなく「ちょっとヒヤッとする」程度です。私の場合「これはウルトラファインバブルが効いてるんだなー」くらいにゆるーく感じています。

うまく接続できない

ミラブルの接続は、自宅のシャワーを外しミラブルを付け替えるというとてもシンプルな作業です。5分かからずに完了します。

ただ、ここでは1点注意が。それは、接続する場所のネジサイズです。

このネジサイズが合わないと、ミラブルを取り付ける事ができず、「うまく接続できない」という悪い口コミにつながっているケースがほとんどのように見られます。

これに付随して、接続しても水漏れが発生したというレビューもあります。

この問題ですが、解決方法はとても簡単でシンプル。原因としては以下の2つです。

ミラブルのミストが冷たく感じる原因

  1. そもそもミラブルではない(偽物である
  2. アダプターが適合していない

①の場合は、どうしようもありません。解決策は偽物を買わないこと、つまり、正規代理店でミラブルを買う以外に対策はないです。

万が一正規代理店で買ったミラブルで水漏れや接続不良が発生した場合は、しっかりメーカー保証が適用され無料交換などの対応ができます。

ミラブル購入は必ず正規代理店で!

つぎに②のアダプターが適合していないというケースですが、これも解決方法は超カンタンです。

それはミラブルのネジサイズ(G1/2)と、既存のシャワーホースを接続するアダプターというパーツが合っていない可能性があることです。ほとんどの場合これが原因なので、まずはこれを疑ってみましょう。アダプタが必要・不要なメーカーは下記のとおりです。

アダプタが不要(そのまま接続)

  • TOTO
  • KAKUDAI
  • SANEI
  • KVK(一部の商品)
  • INAX(一部の商品)

アダプタが必要

  • KVK(一部の商品)
  • INAX(一部の商品)
  • ガスター
  • 東京ガス
  • MYM

ここから適合するアダプターを接続すれば、自宅のシャワーホースで問題なくミラブルを使用できます。下記のアイテムだと各社ホースのネジサイズに対応しています。

created by Rinker
カクダイ(KAKUDAI)
¥441 (2023/02/03 21:10:04時点 Amazon調べ-詳細)

G1/2サイズ以外の場合、このようなアダプターを準備しましょう!正規代理店のGWFでは、購入特典でアダプターを無料プレゼントしています。

CMのように油性マジックが取れない

これはミラブルを一躍有名にした1つであるCMです。所見の方は、まずこちらをご覧ください(15秒・YouTube)

この動画↑の内容を簡単に説明します。

油性マジックで顔にマークした女性が、ミラブルプラスのミスト水流を当てながら指でこすると、油性マジックの汚れが取れいていくというようなものです。これは実際に動画でも検証されていますね。

私もやってみましたが、結論として、油性マジックはたしかに落ちます。ただし、当てる距離や時間、マークの長さ(量)などで大きく変わってきています。ミスト水流は非常に細かいバブル(0.0001ミリ以下)なので、これが肌に細かく当たることで、汚れを流し落とすとうような仕組みです。

アサミ

ウルトラファインバブルはマイナスイオンを帯電しており、汚れを振るって落とす働きがあると言われています。詳しくは下記の記事でまとめています↓

【記事】ウルトラファインバブル(UFB)とは?バイクロバブルとの違いがわかる記事

オン/オフスイッチの有無に関するもの

ミラブルzeroにはオン/オフがあるが…

これは「悪い」と言われる口コミの中では少ないものなので、不満に思っているユーザーもそれほど多くは無い問題です。しかしとても重要なので取り上げます。

要は使い勝手の問題ですが、ミラブルプラスは持ち手部分に「水流オン/オフ」できるようなスイッチがありません。

そのためシャワーを出す・止めるといった動作は、シャワー本体で行わなければいけません。

まあでも、多くのシャワーってスイッチもないですよね。

このように、悪い口コミになるほど「スイッチがほしい」という声は多かった事でしょう。

なので、2022年に新発売されたミラブルzeroには、シャワーを出す・止めるができるスイッチが搭載されています。

実際にどのような動作になるのかを動画で撮影しました。

ただこれも、完全に止める事はできないですね(十分に許容範囲だと思いますが)

とはいえ、このスイッチは結構便利です。

以前はしゃがんでからシャワーの出す・止めるといった動作を行っていたのが、このスイッチがあることで不要になりました。

アサミ

個人的にオンオフ機能は、シャンプーすすぎの際に使っていました。なのでそこまで使っていなかったですが、節水を気にする、こまめに洗いたいという方にはおすすめの機能です。

効果に関するもの

シャワーの残留塩素

悪い口コミでは「ミラブルの効果を感じない」というものもあります。

これは結局を言うとどんな商品でも言えるのですが、万人受けする商品はこの世に存在しません。必ず一定数は、気に入らないまたはアンチ的なレビューがつきものです。

ここでも、1つの良い・悪い口コミを偏見するのではなく、全体から「割合(%)」で見ることが大事です。そうすると、悪いレビュー以上に、良いレビューが極めて多いことがわかります。

コメントなしの良い口コミ(90件)と、コメントありの悪い口コミ(10件)がある場合、頭から後者を偏重しないようにしましょう。大事なことは、「全体に占める%はどれくらいだろう?」と、トータルの口コミで見ることです。

そもそも「この効果を感じる」は、感じ方が人それぞれな主観によるものです。使用者の肌の状態、使うシチュエーションなどによって千差万別です。

そして何より、ミラブルは短期間では効果がわかりません。実際にわが家で使ってみても、1ヶ月もせずに何かしらの効果を感じるということはありませんでした。

この効果を体験するために、もっとも確実な方法は「自分が体験すること」しかないです。

アサミ

ミラブルは「〇〇の効果がある」と断言する製品ではありません(薬機法で禁止されているので)あくまでも自分が使って、その効果を実感するのがベストでありマストです。

悪い口コミは”どんな商品”にもある

最後に、これはミラブルだけではなく、口コミがつく商品すべてのレビューを見る上での注意点をお伝えします。

今はほとんどの商品がネットで販売されており、それに比例してレビューも増えて簡単に調べることが出来ます。

そして、その中には悪い口コミがあることがほとんど。完璧な商品がないのと同じで、不満は必ずといっていいほどあります。

つまり悪い口コミは、どんなに評価の高い製品であっても必ず一定数悪い口コミはあるということを、まずはネットのレビューの特徴として抑えましょう。

アサミ

「100人中100人が満足する商品はこの世にない」と言っても過言ではないですね。

このような「絶対は無い」ということを前提に、悪い口コミと向き合う必要があります。

今はリアルな知人の声よりも、ネットのレビューが主体なので、1つの悪い口コミが目立つ可能性があります。

少数の声だけ大きなクレーマーがテレビに取り上げられた、ようなイメージですね。

そこで注意すべきポイントとして、

  • 何人がレビューしているか?
  • 何人が参考になっているか?

という、全体から見た口コミの割合(%)を見て「ユーザー全体で大きな問題になっているかどうか?」を見ていきましょう。

ミラブルプラスは返金保証で試すことができる?

ミラブルプラスの30日間返金補償は、全ての店舗で行っているものではありません。

正規代理店のGWFでは、使用後でも30日以内であれば返品・全額返金が、独自キャンペーンとして行っているため可能です。

返品の理由は「思っていたのと違う」など、個人的な理由でもOKです。

購入者側にとてもお得な制度ですが、返品前提の購入など、悪質な購入はやめましょう!

また当ブログでは他にも、ミラブル製品などのレビュー・比較を行っています。ぜひ判断材料の1つにされてみてください。

ライバル他者製品との比較はこちら↓

アサミ

多くの肯定的・否定的な口コミがあるように、商品の合う・合わないもその人の体感したことが重要です。レビューは参考程度に、様々なレビューを総合的に見て判断してみましょう。

私たち家族の実体験レビューはこちら↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ミラブル
-