髪を綺麗にする方法

自分に合うシャンプーの選び方【女性編】成分・髪質・肌質から考える

自分に合うシャンプーの選び方【女性編】成分・髪質・肌質から考える

女性が理想の美髪を手に入れるためには、シャンプーの選び方が重要になってきます。

ツヤツヤ・サラサラといった仕上がりの目的だけではなく、髪質や肌質を考慮しながら洗浄成分や配合成分をチェックし、自分のタイプに限りなく近いシャンプーを選択することが、美髪には欠かせません。

今日は、女性が髪を綺麗で美しくするために必要な、シャンプーの選び方の知識をわかりやすく解説していきますので、美髪を目指す方はぜひ参考にしてください。

 

自分に合うシャンプーの選び方

自分に合うシャンプーの選び方

自分の理想や髪質にあったシャンプーを選ぶことはとても重要です。

市販のシャンプーの中には、どうしても自分の頭皮や髪質に合わないものであったり、そもそも美髪にはおすすめできないような製品も多くあります。

今と昔では科学の常識も変化していますし、各メーカーとも開発コストやターゲット戦略を考えると、全ての人にベストな製品を世に出すのは非常に難しいのは致し方ありません。

その中から、自分の理想や髪質、予算に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

 

シャンプーの種類(洗浄成分の違い)

シャンプーの種類(洗浄成分の違い)

まずは、シャンプーの洗浄成分の違いを知る必要があります。

シャンプーの洗浄成分の種類(界面活性剤)には、大きく分けて以下の3つがあります。

 

シャンプーの種類

  • アミノ酸系(ベタイン系)
  • 石鹸系
  • 高級アルコール系

 

アミノ酸系シャンプー

いま最も注目され人気なのが、アミノ酸系シャンプーになります。
アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分に髪や皮膚と同じタンパク質を構成するアミノ酸を使用しているので、他のシャンプーと比べ、肌のうるおい成分をしっかり残しつつ、汚れだけを落としてくれるという特徴があります。
髪や頭皮に最も優しいシャンプーだと言えるでしょう。
頭皮の健康に必要な皮脂を残して洗うことができるので、皮脂の取り過ぎによる頭皮や髪のダメージを最小限に抑えることができます。
敏感肌や乾燥肌の方、頭皮の乾燥や髪のパサつき、抜け毛が気になる方には非常におすすめです。
「ラウロイル~」「ココイル~」などと成分表記されています。
ベタインもアミノ酸の一種の天然由来成分で、赤ちゃんが使用できるほど、より髪や頭皮に優しい洗浄成分です。
「~ベタイン」と表記されています。

 

石鹸系シャンプー

石鹼系シャンプーは、洗浄成分に石鹸を使用しており、アルカリ性で高い洗浄力がありますが、肌には比較的優しいのが特徴です。
洗浄力と皮脂を取り除く力が強いので、さっぱり・スッキリと洗い上げることができますが、その反面、髪がきしみやすくバサバサした感じになります。
また、石鹼かすが残りやすいので、しっかりと洗い流す必要があります。
使用後に、クエン酸系(酸性)のコンディショナーを使用することで、キシキシ感を抑えることはできます。
成分表記は、「石鹸素地」「脂肪酸」という名前が使われています。

 

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系洗浄成分を配合したシャンプーで、以前は石油系などと呼ばれていましたが、現在は成分の大半が植物原料なので、アルコール系と呼ばれるようになっています。
高級という名前がついていますが、分子が大きいという理由なので、高価という意味ではありません。
市販の低価格シャンプーに多く使用されており、泡立ちがよく、さっぱりとした洗い心地が特徴です。
洗浄力や脱脂力が非常に強いので、オイリー肌で頭皮と髪がベタつきやすい方に好まれますが、必要な皮脂を奪いすぎて頭皮を乾燥させたり、逆に皮脂の分泌を増加させてしまうこともあるので、美髪や頭皮ケアには不向きとも言えます。
「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「オレフィン」といった成分表記になります。

 

上記3つの中で、美髪や頭皮の健康にとってバランスが良くおすすめなのが、「アミノ酸系・ベタイン系シャンプー」です。

天然由来・植物由来のシャンプーでも、洗浄成分にアミノ酸やベタインを使用しているものが大半になります。

 

美髪におすすめは

アミノ酸系orベタイン系シャンプー

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーとい言葉は最近よく耳にするかと思います。

市販のシャンプーの大半はシリコンが含まれているシャンプーになるのですが、反対に、シリコンが含まれていないものをノンシリコンシャンプーと呼びます。

シリコンとは、シリコンオイルという合成油のことで、安全性の高い化合物なので、健康への影響は低く、直接皮膚に付着しても人体への影響はほとんどないとされています。

簡単な違いを説明します。

 

シリコンシャンプー

市販のシャンプーの大半がシリコンシャンプー。

ワックスのように髪の表面をコーティングするため、洗髪後は、指通りの良いサラサラでツヤのある髪に仕上がります。

一方で、人体への影響は低いですが、頭皮にシリコンが残り、毛穴を詰まりやすくしてしまうため、抜け毛や頭皮の臭いといった頭皮トラブルにつながりやすいといった欠点があります。

低価格で優れていますが、敏感肌、頭皮の臭いや薄毛が気になる方、ハイレベルの美髪を目指す方には不向きと言えます。

 

ノンシリコンシャンプー

頭皮トラブルを招く可能性があるシリコンを使用していないため、頭皮ケアの観点から見るととても優秀なシャンプーになります。

以前は、髪の指通りが悪くゴワつくというデメリットがありましたが、現在人気のノンシリコンシャンプーは、その他の有効成分で髪をコンディショニングして指通りが良くなっているので、限りなく欠点が少なくなっています。

シリコンシャンプーに比べるとやや割高にはなりますが、頭皮の健康と美髪を考えると、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。

 

【成分表記】シリコン・ノンシリコンシャンプーの見分け方

シャンプーボトルの裏を見ても、成分表記にシリコンと書かれているものはありません。

「ジメチコン」「ジメチコノール」「シクロメチコン」「シクロペンタシロキサン」のように、「~コン」「~シロキサン」と表記されているものがシリコンシャンプーになるので、チェックしてみましょう。

ノンシリコンシャンプーの場合は、大々的にノンシリコンと表記されているはずです。

 

シリコン・ノンシリコン、どちらがおすすめ?

決してシリコンシャンプーだからダメだというわけではありませんし、各メーカーの企業努力によって素晴らしい製品はたくさん開発されていますが、当サイトでは、頭皮と髪に優しいノンシリコンシャンプーを使用し、その後のヘアケアで、ツヤツヤでハリのある綺麗な髪を目指す方法を推奨しています。

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)にも、シリコンオイルが含まれているものが大半なのですが、一番の問題はシリコンが頭皮に付着して残ることなので、髪の中間から毛先につけるトリートメントでしたらほとんど問題はないと考えます。

 

美髪におすすめは

ノンシリコンシャンプー

 

【避けるべき成分】パラベン・サルフェート・合成着色料・合成香料~

【避けるべき成分】パラベン・サルフェート・合成着色料・合成香料~

地肌に直接触れるシャンプーには、頭皮や人体の健康において、できるだけ避けたい美容成分(化学物質)があります。

様々なヘアケア・スキンケアアイテムに使用されてきましたが、美髪や頭皮の健康を考えると、なるべく避けたいところなので、チェックしてみましょう。

 

パラベン

パラベンは人工防腐剤の一種になります。

「~パラベン」と表記されているのでわかりやすいですが、有害な細菌やカビの繁殖を防いで保存期間を伸ばすための化学物質ですね。

体内のホルモンバランスを乱すことでの生殖器官への悪影響、がんのリスクを高める、皮膚の炎症を引き起こす、といった可能性がいくつかの研究により報告されています。

パラベンについては、間違いなく避けた方が良いと言えます。

 

サルフェート(ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na)

サルフェートは、先ほども説明した、高級アルコール系シャンプーに使用されている、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」にあたります。

サルフェートが健康に害を及ぼすという科学的な証拠はありませんが、洗浄力と脱脂力が強すぎるので、シャンプーのように頭皮に直接付着する場合は、美髪や頭皮ケアの観点から避けるべきだと考えます。

 

合成着色料・合成香料

合成着色料は、シャンプーにおいて必要のない成分なので、避けた方が無難でしょう。

特に、石油系のタール系色素を使用した着色料は、発がん性やアレルギー性が報告されていることもあるので、注意が必要です。

天然着色料についても、色をつけるには大量に使用する必要があるので、髪や頭皮に良いとは言えません。

着色料については、含まれていないか、なるべく少ないものを選ぶと良いでしょう。

合成香料には、石油系の人工合成香料と、自然のものから芳香成分を取り出してつくった半合成香料などがあります。

香りにはとても大きな癒し効果もあるので、「合成香料だから体に悪い」とは言えませんが、石油系の合成香料は頭皮に悪影響を与える可能性もあるので、肌に合わないと感じたら避けるべきでしょう。

また、「エッセンシャルオイルから抽出された天然香料なら安全」というわけでもなく、天然由来でも肌に合わなかったり体調を悪くさせるものもあるので、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

 

天然由来・オーガニック・ボタニカルについて

天然由来・オーガニック・ボタニカルについて

シャンプーには、なるべく天然由来の美容成分が多く含まれているものが好まれます。

多ければ多いほど良いというわけではありませんが、天然の美容エキスが多く配合されていれば、それだけ化学成分に頼っていないという見方もできますし、なによりも使用している自分自身の気持ちが晴れやかになるという効果があります。

もちろん、肌や髪質に合う合わないがありますし、化学物質が全て悪ではないので、そのバランス感が重要でしょう。

オーガニックについても、有機栽培だから手放しに全て素晴らしいと褒めたたえる風潮は少し危険です。

例えば、天然の河川や湖の水には健康に被害を与える病原微生物がいるので塩素消毒する必要がありますし、植物や野菜を効率的・健康的に育てるためにも、病害虫を防ぐ科学農薬の必要性は高いと言えます。

薬も同じで、天然ハーブや漢方薬だけではどうすることもできない病気は多いで、化学薬品に頼ることも重要です、

オーガニックじゃなければ絶対にダメとは決めつけずに、体に害の少ない化学物質との上手な併用が推奨されます。

オーガニックと混同されがちな「ボタニカル」は、植物由来という意味なので、その植物が有機栽培か否かとは関係がありません。

 

クルエルティフリーとは?

クルエルティフリーとは?

クルエルティフリーとは、化粧品やその原料の製造過程における動物実験を禁止する動きですね。

動物愛護の観点から、全世界で広がりつつあるムーブメントで、将来的には日本でもスタンダードなものとなってくると予想されます。

クルエルティーフリーにも、ヴィーガンにも言えることですが、自由な選択肢が増え、自分にとって気持ちの良い製品を選ぶ権利が増えることは、大変素晴らしいことです。

しかしながら、そうではない人や物に対して否定をしたり、その思想を強制するようなことは行うべきではありません。

私たちがこうして、適切で安全な医療を受けられるのも、豊かで健康的な生活・食生活を送ることができるのも、動物たちの犠牲の上に成り立っているという事実を忘れてはいけません。

 

髪質・肌質・悩みによってシャンプーの選び方は変わる?

髪質・肌質・悩みによってシャンプーの選び方は変わる?

当サイトでは、科学的根拠をもとに、女性の髪が綺麗で美しくなる方法に焦点を当てているため、推奨しているシャンプーやヘアケア方法が、髪質や肌質によって大きく変わることはありません。

どんな方にも共通して言えることは、しっかりと皮脂の汚れを落としながらも頭皮への刺激が少ないシャンプーを使用し、髪や頭皮に悪影響を与える成分はなるべく避け、できるだけ天然由来成分の多く含まれるヘアケア製品や髪にダメージを与えないアイテムを使用して、適切なヘアケアを実践するということです。

シャンプーの選び方について具体的にいうと、「洗浄成分はアミノ酸系」「ノンシリコン」「パラベン・サルフェート・合成着色料フリー」「天然由来成分配合」ということになります。

敏感肌・乾燥肌・オイリー肌・薄毛や抜け毛が気になる方・頭皮の臭いが気になる方、すべての肌質や悩みの方に推奨されるシャンプーの選び方になります。

髪質の違いや、髪質を改善したい方については、シャンプーではなく、インバストリートメントやアウトバストリートメントで調整することが大事です。

 

女性の髪を綺麗にするおすすめのシャンプーの種類は?

女性の髪を綺麗にするおすすめのシャンプーの種類は?

上記で述べましたが、当サイトでおすすめしている、髪を綺麗にするシャンプーの種類は以下になります。

 

美髪におすすめのシャンプーの種類

  1. アミノ酸系orベタイン系シャンプー
  2. ノンシリコン
  3. パラベン・サルフェート・合成着色料フリー
  4. 天然由来成分配合

 

上記の特徴をふまえると、一般向けに市販シャンプーよりもサロンシャンプーがおすすめです。(サロンシャンプーといっても、現在は市販されているものがほとんどなので、通常購入が可能です。)

当サイト「birei(ビレイ)」の、美髪と健康的な頭皮を実現させるための基準を満たした、本当に良いシャンプーランキングはこちらで紹介しています。

本当に良いサロンシャンプーランキング10選☆ノンシリコン&アミノ酸☆
本当に良いサロンシャンプーランキング10選【ノンシリコン&アミノ酸】

綺麗で美しい髪を目指すすべての女性にとって、シャンプー選びは何よりも重要です。 しかし、何百もある市販シャンプーの中から、美髪にとって本当に良いシャンプーを見つけ出すことは非常に困難です。 美髪を追求 ...

続きを見る

 

数あるシャンプーの中から、自分のタイプや理想に全て合致する製品を見つけるのは、なかなか難しいことです。

そういった場合は、自分好みの成分をカスタマイズして作るオーダーメイドシャンプーが、理想の美髪に近づく最善方法です。

オーダーメイドシャンプーのおすすめについては、下の記事をご覧ください。

オーダーメイドシャンプーおすすめ5選☆カスタマイズで理想の美髪へ☆
オーダーメイドシャンプーおすすめ5選「カスタマイズで理想の美髪へ」

理想の美髪や健康的な頭皮を目指す方は、オーダーメイドシャンプーの使用を考えましょう。 市販のものや、さらに品質の良いサロン専売品といえども、あなたにピッタリのシャンプーを見つけるのは困難です。 あなた ...

続きを見る

 

髪を綺麗にする正しいシャンプーの仕方

髪を綺麗にする正しいシャンプーの仕方

高品質なシャンプーを購入しても、シャンプーのやり方が間違っていては、美髪への道は遠のいてしまいます、

髪を綺麗で美しくするには、正しいシャンプーの仕方を覚えて、それを毎日実践する必要があります。

髪を綺麗にする正しいシャンプーの仕方については、下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

髪の洗い方☆女性の髪を綺麗にする正しいシャンプーの仕方☆
女性の髪を綺麗にする美髪シャンプーの仕方【正しい髪の洗い方】

女性の髪を綺麗に美しく保つには、正しく丁寧なシャンプーが必須です。 美容室で高価なヘアケア製品を使用して、一時的に綺麗な髪の毛を手に入れたとしても、日々のシャンプーをおろそかにしていては意味がありませ ...

続きを見る

 

まとめ

理想の美髪を手に入れるには、髪や頭皮に良いシャンプーを選び、正しいシャンプーの仕方を実践することが重要です。

シャンプー選びに関しては、以下の4つのポイントを守って頂ければ大丈夫ですので、ぜひ頭に入れておきましょう。

 

美髪におすすめのシャンプーの種類

  1. アミノ酸系orベタイン系シャンプー
  2. ノンシリコン
  3. パラベン・サルフェート・合成着色料フリー
  4. 天然由来成分配合

 

本当に良いサロンシャンプーランキング10選☆ノンシリコン&アミノ酸☆
本当に良いサロンシャンプーランキング10選【ノンシリコン&アミノ酸】

綺麗で美しい髪を目指すすべての女性にとって、シャンプー選びは何よりも重要です。 しかし、何百もある市販シャンプーの中から、美髪にとって本当に良いシャンプーを見つけ出すことは非常に困難です。 美髪を追求 ...

続きを見る

 

-髪を綺麗にする方法