ミラブル

ミラブルプラスをレビュー!実際に設置してみた感想レポート

アサミ

あなたがもし「ミラブルプラスを正規代理店で購入したらどのように届くのか?」を、実際に私が購入したときのレビューでまとめました。購入前の疑似体験にぴったりですよ。

ミラブルプラスを購入しました。

この記事では、実際に「あなたが正規代理店で購入したらどう届く?」が疑似体験できるように、はじめから最後まで画像で解説しています。

この記事で解決できるお悩み

  • 正規代理店で買うとどんなものが届くの?
  • ミラブルプラスにはどんな中身になっているの?
  • ミラブルプラスを実質無料でモニターできる正規代理店について

注文から翌日、早速ミラブルプラスが届きました。宅急便だと80サイズです。

開封してみます。

プチプチの中から、かすかにミラブルのロゴが見えますね。この時点で高級感が漂っている印象。

では中身を取り出してみましょう。

プチプチを取ったあとすぐの状態。二重箱となっています。

この表面の化粧箱を外します。

本体の化粧箱です。

厚手の箱で、iPhoneのような高級感があります。ギフト用としても文句ないビジュアルですね。

全面の蓋が被されているので、開封してみます。

すると蓋の裏側になにやらメッセージが。

サイエンスの理念が書いてあります。しかし高級感がある箱です。

では、本体を開けてみます。

本体が見えなかったのは、手紙(右側)で隠れていたからです。

メインは左側になり、以下の通り。

箱の中身

  1. ミラブルプラス本体
  2. トルネードスティック
  3. 付属品一式
  4. 注意書き

後に発売されたミラブルzeroと比べてみると内容もシンプルになっています。

ミラブルzeroとの違い

  • ストレーナーがない
  • G1/2ネジチェッカーがない
  • 取付けアダプターがない(正規代理店の独自オプションで無料で付属)
ミラブルzeroをレビュー!実際に設置してみた感想レポ

待ちに待ったミラブルzeroを購入し届いたので、実際に商品開封〜セッティングまでの流れをレポートします。 結論、私たち家族としてはめちゃくちゃ買ってよかったシャワーヘッドです。 この記事は「もしあなた ...

続きを見る

取付アダプターは、正規代理店独自の無料キャンペーンで付属してきました。

このアダプターは、多くのご家庭でシェアの高いG1/2(ミラブルと適合)の場合は不要です。

しかし、一定のメーカーではこれがなくてはミラブルを取付けできないので注意しましょう。

→ミラブルでアダプターが必要なメーカー一覧

他にもストレーナーとネジチェッカーが付属されていませんが問題ありません。

ネジチェッカーはそもそも装着前の適合テスト用なので無くてもミラブル使用には全く問題がありません。必要ないです。

またストレーナーも、よりミスト量が多いミラブルzeroに念のためにつけるようなものですので、必要ありません。

仮に必要ならサイエンスで商品に同梱していますしね。

ではそれぞれの同梱物を詳しく見ていきましょう。

まず「①ミラブルプラス本体」ですが、しっかりとシリアルナンバーが記載されています。

次に「②トルネードスティック」を開封します。

これがミラブルプラスの塩素除去効果を発揮するものです。

アサミ

このトルネードスティックはミラブル共通仕様です。プラスとzero、どちらでも兼用できます。

次に「③付属品一式」を開封します。

オーナー登録カードの他に、説明書一式、接続に使うゴムパッキンが付属しています。

ゴムパッキンはこんな感じで使います。

ミラブルには最初からOリングが付属(下記画像参照)していますが、万が一のために付属しているものなのでそうそう使うことはなさそうです。

それでは、ミラブルプラス本体のサイズや大きさを見ていきます。

まずはサイズから。

長さはカタログ通りの約16cmです。

後術ですが、これ実は、ミラブルzeroとほとんど縦のサイズ的には変わらないという結果になりました。

次に実際の使用状態でもある、トルネードスティックを付けた状態で計測してみます。

約22cmと、こちらも同じく、ミラブルzeroと変わらない結果となりました。

横のサイズを見ていきます。

こちらは横幅として約7cmとなっています。

実寸サイズ(カードリッジなし)

縦22cm×横7cm

重さを継続します。

トルネードティックなしの状態から。

次にトルネードスティックありの状態です。

この結果を見ても、ミラブルzeroはおろか一般のシャワーヘッドと比べても軽い部類ですね。

では次に、シャワー水流の切り替えなど、本体の機構を見ていきます。

ミラブルzeroの水流モード

  • ストレート水流
  • ミスト水流

ミラブルプラスは、シャワー吐出部を手で回転させることにより、水流を変化させる事ができます。

アサミ

水流も大きく分けて2種類と、至ってシンプルですね。

吐出口を詳しく見てみます。

吐出口が多く、非常に細かいウルトラファインバブルが生成されそうだなーというのがパッと見の感想です。

そのバブルを発生する機構がギッシリと詰まっている裏側も見てみましょう。

クリアで中の水流が見えるのがポイントです。

実は家の子たちはこれに興味しんしんでした。

「ミストになる前の水が見えてすごい!かっこいい!」

などでミラブル開始後数日は大盛りあがりでしたよ。笑

ではわが家のバスルームに設置してみましょう。

いい感じにおさまりました!

以前は大手メーカーであるT社製のシャワーヘッドを使っていました。

これと比較してみると、

「コンパクトになったのに水流はとても良くなった!」

というのが率直な感想です。

2022年6月に発売されたミラブルzeroも設置し、1ヶ月試してみました。そのときのレビューもあるので、そちらも比較にどうぞ。

ミラブルzeroをレビュー!実際に設置してみた感想レポ

待ちに待ったミラブルzeroを購入し届いたので、実際に商品開封〜セッティングまでの流れをレポートします。 結論、私たち家族としてはめちゃくちゃ買ってよかったシャワーヘッドです。 この記事は「もしあなた ...

続きを見る

以上、ミラブルzeroの開封~設置までのレビューでした。最後にこれまでをまとめます。

ミラブルプラス初体験で感じたこと

  • ミストがzeroとの遜色はないレベルで気持ち良い
  • 無駄のないシンプルなデザイン、どんなバスルームにも合いそう
  • とにかく軽い、手持ちで全身をくまなく洗える

またミラブルzeroを使用したあとに、ミラブルzeroと比べてみて感じたメリットを書きます。

zero使用後に感じたこと

  • ミラブルプラスの方が、トルネードスティックがついても自然な感じがする
  • それは持ち手部分の太さがほぼ同じであること、カラーがトルネードスティックと親和性が高いことから

ミスト量はミラブルzeroには劣るのですが、正直ミラブルプラスでも十分だなーと感じています。

アサミ

子どもがいる、手持ち洗いがメインという方には、ミラブルプラスがおすすめです。zeroも軽いですが、より軽いプラスだと負担が少ないですね。

どちらもサイエンス社の製品で、どっちにしようか迷っている方のために比較記事や5人家族での使用レビューをまとめました。こちらもご参考ください。

ミラブルzeroとミラブルプラスの比較!用途別のおすすめは?

この記事では従来の商品である「ミラブルPlus」と、新発売された「ミラブルzero」とのメリット・デメリットをまとめました。 この記事でわかること どんな違いがあるか? メリット、デメリット あなたの ...

続きを見る

【18項目】ミラブルプラスとzeroはどっちを買うべき?4人家族のレビュー比較

これまでミラブルはミラブルプラスが主流でしたが、2022年に機能的に大きくパワーアップしたミラブルzeroが発売されました。 この記事では「これからミラブルを購入したい」または「ミラブルプラスを使って ...

続きを見る

ミラブルプラスの正規代理店では、実質無料でモニターできる30日間無料返品などの独自キャンペーンがあります。ミラブルプラスを使った後でも、効果が感じなければ返品ができますよ。

アサミ

実質、無料でミラブルプラスをテスト使用できるので迷っている方にはありがたいキャンペーンです。

ミラブルを「30日間返金保証」でモニターしてみる【正規代理店】

ミラブルzeroをレビュー!実際に設置してみた感想レポ

待ちに待ったミラブルzeroを購入し届いたので、実際に商品開封〜セッティングまでの流れをレポートします。 結論、私たち家族としてはめちゃくちゃ買ってよかったシャワーヘッドです。 この記事は「もしあなた ...

続きを見る

-ミラブル