ミラブル

ミラブルプラスで唯一後悔した「シャワー角度」を解決した備忘録

アサミ

ミラブルプラスを使って、実はわが家ではじめて?と言ってもいいくらいに後悔したことがあります。その原因と解決方法をまとめました。

それは、使用する前から起きていた

今回の問題ですが、そもそもミラブルプラスを使用する前、つまり取付時からこの問題は起きていました。シャワーヘッドを接続し、水を出す前からです。

もうおわかりだと思いますが、今回の後悔というのは、シャワーヘッドの向き(角度)の問題なんです。

ミラブルプラスがどのように角度が悪いのか?まずはこちらの画像をご覧ください。

ミラブルプラスはシャワーヘッド角度が約70°と、結構勾配がないシャワーヘッドなんです。

ここの角度が大きくなるほど、シャワーを浴びるときにシャワーを真横に置く必要があります。なので小さなお子さんや年配の方には結構大変な作業になります。

アサミ

子どもたちがいちいちシャワーヘッドの高さ調節を、上げ下げでする必要があり大変でした。

シャワーヘッドの角度がないと横にシャワーが出る

ミラブルプラスのシャワーヘッド角度は約70°です。この角度がどのようなものかというと、こちらをご覧ください。

シャワーヘッドの角度、一般的には50-60°が多いと言われているので、ミラブルプラスは角度が少ない部類なんです。

これも実は購入前の口コミで調査済だったのですが、実際に試してみるとまあまあ角度の少ないこと。小さな子どもも多いわが家では、いちいちシャワーヘッドを固定するレバーを上げ下げしてあげる手間が生じていました。

そこで何かいい解決策はないかなーと探っていたところ、いい商品がありました。

【解決策】シャワーに接続することで解決した方法

「シャワーもっとこっち向いて!」

そのまんま!でもシンプルでわかりやすい。笑

→リンク

説明をみるとかなり簡単そうに設置できそうです。

早速開封し、中身を取り出してみます。

中身、といってもこれだけです。

手に持っている部分を軸に、上の部分がくるくると自由自在に動きます。

横から見てみます。

間は空洞になっています。

ちなみにこの商品で一点気をつけてほしいのが、リングのサイズです。

この「シャワーもっとこっち向いて!」は、G1/2というサイズになっています。

ミラブルプラスはこのG1/2なので、そのままアダプターなどを使わずに取り付けすることができます。

G1/2は他のメーカーでも主流のサイズなので、ほとんどの場合は心配ないと思いますが、念のため適合メーカーを調べておきましょう。

アサミ

もしG1/2サイズのシャワーヘッドじゃなくても、アダプターで接続できるので心配はほぼないですよ。

→シャワーヘッドサイズ比較表

では商品を取付けていきます。順番的には以下の通り。

いたってシンプルです。ミラブルプラスとシャワーホースの間に取り付けるのみ。

完成図がこちら↓

少しアダプターが付いたかなー程度でデザイン的にはさりげない印象です。

シャワーの全長としては、間に取り付けるものなのでやはり3センチくらいは伸びたかなといったところ。

では角度をいじってみましょう。まず最大で傾斜させたときの画像がこちら。

約40°くらいまで傾斜するようになりました。

アサミ

元が70°なので、ミラブルを約30°「下向き」に設定できるようになりました。

もちろんこの角度だけではなく「シャワーもっとこっち向いて!」は、シャワーヘッドを回すだけで向きを前後左右に変えることができるので

楽ちんですね。

ミストもばっちり調子良きです。

アサミ

子どもたちもこれなら「レバーを上げ下げしなくても、シャワーヘッドの向きを変えれる」と好評です。

-ミラブル