シャンプー・コンディショナー

【髪を洗わない?】いまさら聞けない!頭皮を洗う正しいシャンプーのやり方

毎日するシャンプーだけど、頭皮までちゃんと洗えてるのか不安…

アサミ

この記事を読めば、正しいシャンプーのやり方と頭皮環境の改善ができます。

シャンプー前の準備

シャンプーをする前に大切な準備が2つあります。

1つ目がブラッシング、2つ目が湯洗いです。

まずシャンプーの前に必ずブラッシングで髪の絡まりをほどきます。

この時、毛先から優しくとかすようにしてください。

シャンプー前のブラッシングは髪の毛についた汚れを落とし、頭皮の皮脂を浮かすことによってその後のシャンプーの泡立ちが良くなります。

その後は必ず湯洗いをしてください。

髪の毛を持ち上げて、シャワーヘッドを頭皮に直接ぽんぽん当てるようにすると汚れが落ちやすくなります。

温度は人肌の37度ぐらいで、指の腹で頭皮をマッサージするようにするとより効果的です。

一度水気を絞ったらシャンプー前の準備は完了です。

シャンプー手順

手順ですが、まずシャンプーを出したらまず手のひら全体になじませます。

最初につける時は頭皮につけないように気をつけてください。

頭皮に先にシャンプーをつけてしまうと、毛先が泡立ちにくくなることでこすれて髪の毛同士で摩擦が起きてしまいます。

乾いた髪はキューティクルが開いた状態でダメージを受けやすいので、まず毛先から中間にかけて空気を入れるように泡立て、できた泡を頭皮に持っていくようにしてください。

下を向いて泡立てて、姿勢を元に戻したときに泡が垂れてこないぐらいの硬さがベストです。

この時の注意事項ですが、爪は絶対に使わないようにしましょう。爪を使って泡立ててしまうと頭皮が炎症を起こしてしまう可能性があります。

髪の毛を洗うときは上から指を入れてこすってしまいがちですが、髪の毛がこすれやすくなるので必ず下から指を入れるようにしてください。

ネープ・顔まわり・もみあげ・耳の裏側は洗いもれが出やすいので、忘れず洗うようにしましょう。

頭皮の頭頂部は毛細血管が多いので、指の腹でマッサージすることによって血行が促進され白髪・薄毛予防にもなります。

シャンプーが一通り終わったら、もう一度全体をマッサージするとより頭皮環境がよくなるのでおすすめです。

シャンプーを洗い流すときは

シャンプーの洗浄成分は思っているよりも落ちにくいのでしっかりと流していきます。

目安は大体シャンプーの約3倍の時間をかけると良いと言われています。

湯洗いの時と同じように指の腹で頭皮をマッサージするようにすると効果的です。

ここでもシャワーヘッドでぽんぽん直接当てるようにすると汚れが落ちやすくなります。洗い流しの多い部分は特に念入りに流すようにしましょう。

まとめ

  • 髪ではなく頭皮を洗うイメージで
  • シャンプー前のブラッシングと湯洗いは必須
  • シャンプーは毛先で泡立てた泡を頭皮に
  • 髪の毛はこすらず指の腹でマッサージ
  • 頭頂部は特に念入りに
  • 洗いもれが多い場所も忘れずに
  • 流すときは頭皮マッサージ+直接シャワーヘッド
  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-シャンプー・コンディショナー