未分類

こんなに違う!シャンプーは朝か夜か?それぞれ15個のメリット・デメリット

シャンプーは朝すると良くないって聞くけど本当?朝シャンプーと夜シャンプーそれぞれの特徴が知りたい。

アサミ

朝シャンプーがダメだと一概には言えませんが、夜する方がベターです。それぞれのメリット・デメリットも合わせて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

朝シャンプーのメリット・デメリット

メリット

  • 寝汗や夜に出た皮脂を洗い流すことができる
  • 頭がすっきりと冴える
  • 寝ぐせなどの心配をしなくてもいい
  • ヘアスタイリングがスムーズにできる

デメリット

  • 必要な皮脂まで余分に洗い流してしまう
  • 夜シャンプーせずに寝ることで髪に汚れやダメージが蓄積される
  • 十分なヘアケアができない

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

朝シャンプーをする人の多くは、

「夜お風呂に入るのが面倒」「時間がない」「寝汗・寝ぐせがひどい」

などが理由に挙げられるのではないでしょうか?

たしかに朝シャンプーをすると、頭もすっきりしますし、寝ぐせの心配もしなくていいですよね。

ただ、一日の汚れを落とさずに、朝まで持ち越すことは髪にとって良くありません。

髪は想像している以上に、外部からの刺激を受けやすいです。

ほこりや皮脂で、一日の終わりには髪はかなり汚れた状態になっています。

眠っている間に髪の成長に必要なホルモンが分泌されますので、頭皮を清潔にしておかないと分泌を阻害してしまいます。

その結果、抜け毛や薄毛の進行、またにおいも気になるようになります。

多少面倒でも、夜のうちにしっかりその日の汚れを洗い流すことが大切です。

また敬遠されがちな皮脂ですが、多少は残しておかないと、外部からのダメージを受けやすくなります。

皮脂には、紫外線やほこりなどから髪の毛を守る効果があります。

朝シャンプーはそのために必要な皮脂まで洗い流してしまうので、ノーガードで外の刺激にさらされることになります。

できることなら夜シャンプーする方がいいですが、どうしても朝シャンプーをしたい方は以下の2つを試してみてください。

  • 紫外線カットスプレーで髪をコーティングする
  • ドライヤー前にしっかりヘアオイルをつける

髪の表面をオイルやスプレーでコーティングすることで、髪を刺激から守ることができます。

夜シャンプーのメリット・デメリット

メリット

  • 一日の汚れを夜のうちに落とすことができる
  • 寝る前にお風呂に入ることでリラックス効果が高い
  • 時間のない朝よりもしっかりヘアケアができる

デメリット

  • 汗をかきやすい人や夏場は汗で起きたらべたつく
  • 寝ぐせなどでスタイリングに時間がかかる
  • 朝起きたときの頭皮の匂いが気になる

ここで挙げたデメリットは、極端な例かもしれませんが、体質や髪質によっては気になる方もいると思います。

たしかに夜シャンプーをして寝ると、朝起きたときに髪の毛が広がっていたり、パサついてしまいますよね。

ただ夜シャンプーすることには、デメリットをはるかに超えるメリットがたくさんあります。

髪を健やかな状態に保つためには、髪の毛を清潔に保つことが一番です。

化粧した顔も、夜メイクを落とさずに寝ると肌に良くないのと同じです。

夜きちんとシャンプーすることで、髪の生育にも良い影響を与え、薄毛予防にもなります。

また、朝は時間がなくて、髪を雑に扱ってしまいがちです。

洗うときや乾かす行動1つ取っても、丁寧にケアすることで髪にコシやツヤも出ます。

美髪を作りたい方は「シャンプーは夜」がマストです。

ちなみに、皮脂汚れによるニオイが気になる人は、毛穴の向きを意識してシャンプーしてみましょう。

頭皮の毛穴は下に向かって開いているので、下から持ち上げるように洗うことで、ニオイが改善された例もあります。

まとめ

  • 朝シャンプーによる皮脂の落としすぎに注意
  • 朝シャンプーするなら紫外線対策を!
  • やむを得ない場合以外は夜シャンプーがおすすめ
  • 夜汚れをしっかり落とすことで薄毛・抜け毛予防に
  • 頭皮のにおいが気になる場合は下から持ち上げるように洗うと吉
  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-未分類