ヘアケアのお悩み

【解決策】美容師おすすめ!髪型が老けて見える3つの理由と簡単に防ぐコツ

若く見られる髪型はテレビなどで見れるけど、逆に老けて見える髪型ってあるのかな。。?

アサミ

はい、美容業界では常識なのですが、老けて見える髪型はあります!それには共通した3つの特徴があるんです。この記事ではその特徴を「前髪」「トップのボリューム」「シルエット」ごとにまとめます。

髪が老けて見える3つの特徴

どんな年代、髪型でも、これらの要素をもっているのなら実年齢よりも老けて見えてしまいます。

髪が老けて見える場所

  • 前髪
  • トップ(頭頂部)
  • シルエット(全体)

では、これらをそれぞれポイントで見ていきます。

老けて見える「前髪」2つの特徴

前髪をほんの少し変えるだけでも、周りの人に気づかれて印象に大きく影響します。

老けて見える前髪の特徴として以下のものがあります。

老けて見える前髪2つの特徴

  • 重すぎる
  • 幅が広すぎる

具体的にいうと「ワイドな重めパッツンの前髪」です。どんなイメージを抱くかと言うと、下記のようなものが挙げられるでしょう。あなたもどれかをイメージしたのではないでしょうか?

  • 個性的で丸い印象
  • 若々しすぎる印象
  • 可愛い
  • 幼い子がやると可愛いが、大人の女性がやるとちぐはぐ
  • 前髪と自分のイメージが合わなくなる
  • 個性的にしたい人には良い
  • 年相応に若々しく見られたい方には不向き

前髪を広くすると輪郭がくっきりとするので以下の印象を与えがちです

  • 特に頬骨が出て、ほっぺがこけている顔の形の人は老けてみられがち
  • 顔の輪郭がはっきり出てしまうことで老けてみられることもある

とはいえ、「顔の周りの薄くなった髪の毛隠したい」「顔の周りの白髪を隠したい方」

という方にはこめかみの周りに前髪を作りたいと思います。

その場合は『ワイドに全部同じ長さでぱつんと切るよりは、再度がちょっと長くなった前髪がおすすめです。』

そうすることで以下の効果が現れます。

  • 輪郭が隠れる
  • 耳にかけたときの薄毛を隠すこともできる
  • 生え際の白髪を隠すことができる

あくまでも重くし過ぎないほうがよいので、最近流行のシースルーバングのように極端に薄くする必要はありません。

適度に薄く、少しおでこが見えるぐらいの前髪が40代や50代には老けてみえないためにおすすめです。

老けて見える「トップのボリューム」2つの特徴

年齢を重ねると、トップの部分がぺちゃんこになり、どうしてもボリュームが出ないというお悩みが出てくるのではないでしょうか?

毛先は広がるのにトップにボリュームが出ないというお悩みも多く聞きます。

猫っ毛でひろがりやすい髪質などは、どうしても上の方がぺちゃんこで下の方にボリュームがでてしまう傾向にあります。

トップのボリュームがないと、分け目が目立って、薄毛に見えてしまいます。

この対策としておすすめは『くるくるドライヤー』

持っている人も多いけれど、意外と活用されていないこの「くるくるドライヤー」を使ってトップをふんわりさせる方法をお伝えします。

トップをふんわりさせるやり方

ふんわりさせたい部分を軽く濡らします。

 スプレーもしくは直接手でバシャバシャと軽く濡らします。

ブラッシングして、髪の絡まりをとります。

くるくるドライヤーを動かして、色々な方向から風をあてます。

くるくるドライヤーの効果

  • トップがふんわりする
  • どこから分けても地肌も見えなくなる
  • 触って潰しても、ふんわり戻る
  • トップの薄毛も目立たなくなる
  • 地肌が見えることもなくなる

見た目の印象も大分変ると思いますので、髪のボリュームに悩んでいる方はぜひやってみてください。

老けて見える「シルエット」2つの特徴

シルエットはとても大切です。

年齢を重ねると髪にボリュームが出なくなり、髪がぺちゃんとなりがちです。

トップだけでなく、顔周りもボリュームが出なくなります。

そうなると老けた印象に見えてしまいます。

髪型には黄金比があります。

「黄金比のひし形に髪型を作ると顔の輪郭がしゅっと見える」

というものです。

顔の輪郭がしゅっとすると、とても若々しく見せることができます。

髪型の黄金比、ひし形を作る方法

ほほぐらいの高さの髪の毛にふんわりボリュームを出すようにします。

髪型を黄金比ひし形にする方法

  • 顔周りの髪に段を少し入れる、カットでふんわりさせる
  • アイロンを使ってふんわりさせる
  • 縛った時も、おくれ毛をふわっとさせるなどしてひし形を作る。顔周りをふんわりさせると若々しくなる

アイロンでふんわりとひし形を作る方法

ヘアアイロンを使うと、よりひし形に見えやすいくびれ巻きができます。

  • アイロンで毛先を外ハネにします。
  • 中間を内巻きにします。
  • その後に顔周りの髪の毛を外巻きに軽くふんわり巻いて、S字カールを作ります。

この順にアイロンをあてるとひし形になります。

顔周りの髪がひし形になると印象が若々しくなります。

髪型以外にもひし形にする方法

髪を直接アレンジしなくても、顔や体などのトータル的な要素でひし形に見せることができます。たとえば、

  • ネックレスをつける
  • Vネックの服を着る

これらのアレンジをすれば、即効性があるひし形の視覚効果を得ることができます。

またヘアアレンジをひし形にした状態で、これらのアレンジを行なうと相乗効果であなた全体が若く見えるようになります。

全体的なシルエットをひし形に見せることができるので、髪型以外にもおすすめのテクニックです。

まとめ

老けて見えてしまう髪型のポイントとその対策をお伝えしてきました。

今回紹介した老けて見えない髪型のポイントは以下の3点です。

老けて見えない髪にするポイント

  • 前髪を重く、幅広にしない
  • トップのボリュームをふんわりさせる
  • シルエットをひし形にする

詳しくは本文にあるそれぞれの詳細をご確認ください。

あえて40~50代と書きましたが、どの年代の人にも重要なポイントなので是非参考にしてください。

  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-ヘアケアのお悩み