髪が広がる原因と広がりを抑える対策方法7選☆まとまり美髪へ☆

ヘアケアのお悩み

髪の毛が広がる時に見直したい3つの原因!ボリュームダウンさせる7つの対策

アバター

アサミ

1000人以上の髪を手がけた元スタイリスト。美容業10年→トマト農家。頭皮アトピーと日々奮闘する30代2児のパパ。

雨の日など髪の毛が広がりやすくなってきたな。。ボリュームも少し多く感じるようになってきたし少し抑えたいな。

アサミ

髪の毛が広がってしまうと、スタイリングが決まらないなどで悩んでしまいますよね。ここではこの髪の広がりをボリュームダウンさせる効果的な8つの対策をまとめていきます。

髪が広がる3つの原因とは?

髪が広がる原因3つ

まずは髪が広がる原因を確認していきましょう。主にこれから説明する3つに分類できますので、あなたの環境に応じて確認していきましょう。

髪のダメージ(乾燥)による湿気吸収

もっとも多い要因となるのが、髪の乾燥や痛みです。髪の乾燥は、髪内部の水分や栄養が足りずにパサついた状態になることですが、このパサパサ髪が過剰に湿気を吸収してしまい髪が広がっていくのです。

カラーやパーマのしすぎによるダメージヘアも、髪の表面のキューティクルが傷ついて剥がれてしまうことで、髪の乾燥やパサつきを悪化させてしまいます。ドライヤーやヘアアイロンの熱や紫外線もまた、キューティクルを傷つけ、髪を乾燥させる要因の1つです。

もともと量が多く髪質が広がりやすい

もともとの生まれつきのくせ毛や、髪の毛の量の多さで、髪が広がりやすい方もいます。また、加齢によって頭皮のハリが失われることで、髪の毛のくせやうねりを生んでしまうこともあります。

ヘアケアが不足している

もともとの髪質は悪くないのに、髪が広がってまとまらないという方は、毎日のヘアケア方法を見直した方がいい可能性があります。髪も肌と同じように、汗や皮脂や汚れをしっかりと洗い流した後は、適切なヘアケアをして、潤いをキープしなくてはいけません。

髪の広がりを抑える対策方法7選

髪の広がりを抑える対策方法7選

これまで3つの原因を確認してきました。髪が広がる原因となりえるものはそれほど多くなく、原因がわかればそれに合った対策をして、髪の広がりを抑えることができます。髪の広がりを抑えるには、以下の8つの対策が有効です。

乾燥から髪を守る

乾燥から髪を守る

乾燥から髪を守ってパサつきを抑えることが、髪の広がり対策の最優先事項です。

方法としては、

  • 必要な栄養素をしっかり摂る
  • 熱・塩素・紫外線によるダメージを抑える
  • 適切なヘアケアを行う

などがあります。

髪の乾燥やパサつきを防ぐ方法と改善策は、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

パサつきを予防する
【女性向け】水々しさを保湿キープ!乾燥・パサパサ髪をふせぐ10個の改善ケア

続きを見る

髪と頭皮に優しいシャンプーを使用する

髪と頭皮に優しいシャンプーを使用する

お風呂上がりなのに髪が広がってしまうのは、「洗浄力の強すぎるシャンプー」が原因かもしれません。洗浄力の強すぎるシャンプーは、必要な皮脂まで取り除いてしまい、髪や頭皮の乾燥を誘発させてしまう可能性があります。

特に市販品に多い高級アルコール系(石油系)のシャンプーは、洗浄力や頭皮への刺激が強めですので、成分をチェックしてみましょう。

パサつきを防ぐためには、自分の髪に合っているシャンプーを使うことがとても重要です。自分の髪にあったものを5万通りの中からチョイスできるおすすめのオーダーメイドシャンプーは以下の記事で詳しくまとめています。

【5万通り】自分の髪質に合わせる!おすすめのオーダーメイドシャンプーとは?
組合せ5万通り!オーダーメイドシャンプー「メデュラ」の驚異的な特徴とは?

続きを見る

塩素除去シャワーヘッドに交換する

塩素除去シャワーヘッドに交換する

シャワーから出る水道水の残留塩素は、髪の乾燥やパサつき、広がりを悪化させる大きな要因の1つです。

日本の水道水には、安全安心に飲めるためにダム内の細菌などを除去するため、塩素が含まれています。この塩素はタンパク質を分解する作用などがあり、髪にとっては百害あって一利なし。髪のパサつきの原因となります。

そのため、私達が普段水を浴びる機会が多いシャワーヘッドを、塩素除去できるタイプに交換することで塩素の副作用をかなり回避することが可能になります。

おすすめの塩素除去ができるおすすめのシャワーヘッド「ミラブル」は以下の記事で詳しい内容を確認できます。

ミラブルの違いは何?
なぜミラブルが最適なの?シャンプーやヘッドスパ、予洗いに超良い理由

続きを見る

洗い流さないアウトバストリートメントをつける

洗い流さないアウトバストリートメントをつける

髪のパサつき改善で、まずお手軽に試すことができるものが、洗い流さないアウトバストリートメントを使うことです。アウトバストリートメントは、ドライヤーやヘアアイロンの使用前につけるだけで、熱から髪を守り広がりを抑える効果などがあります。

おすすめのアウトバストリートメントは以下の記事で詳しい情報をまとめています。

☆洗い流さない☆アウトバストリートメントおすすめランキング10選
【女性向け】スタイリングもOK!おすすめアウトバストリートメント10選

続きを見る

カラーやパーマのダメージはヘアマスクで補修

カラーやパーマのダメージはヘアマスクで補修

カラーやパーマは、髪が痛むという事がわかっていても、おしゃれ目的でやめる訳にはいかないという方が大半です。これらによるダメージは避けられないのですが、きちんとケア対策をすれば大丈夫です。具体的には、ヘアマスクやヘアパックといったインバストリートメントで、髪の内部に潤いと栄養を浸透させて補修していくことです。ダメージヘアによる髪の広がりが気になる時は、普段のコンディショナーやトリートメントだけではなく、週に1~2回のスペシャルトリートメントがとても重要です。

おすすめのインバストリートメントについては、以下の記事で詳しい内容をまとめています。

ヘアマスク・ヘアパックおすすめランキング10選☆プチプラも☆
【プチプラ〜高級】ヘアマスクの人気おすすめ10選!みずみずしい髪作りに

続きを見る

ドライヤーやヘアアイロンから髪を守る

ドライヤーやヘアアイロンから髪を守る

ドライヤーはほぼ毎日使うヘアケアに欠かせないアイテムですが、これを安い・プチプラなどの理由で性能に妥協してはいけません。ヘアケアに影響大であり、毎日使うからこそ、熱から髪を守るための高性能なドライヤーはもはや必須のアイテムです。

ドライヤーの長時間使用による熱から髪を守るためには、大風量&速乾力の高い高級ヘアドライヤーがおすすめです。

広がりを抑えるおすすめのドライヤー・ヘアアイロンは以下の記事でまとめています。

【女性向け】速乾&髪にやさしい!美容師もおすすめの高級ドライヤー7選
【女性向け】速乾&髪にやさしい!美容師もおすすめの高級ドライヤー7選

続きを見る

【髪が傷みにくい】保護して整える!美容師がおすすめのストレートアイロン8選
【髪が傷みにくい】保護して整える!美容師がおすすめのストレートアイロン8選

続きを見る

頭皮マッサージで健康的な頭皮を維持する

頭皮マッサージで健康的な頭皮を維持する

頭皮は髪の毛を生む、いわばベースとなる存在です。年齢を重ねると徐々に頭皮のハリが失われ、その結果で髪の毛のくせやうねりを生んでしまうことがあります。この頭皮のハリや健康を取り戻すためにも、定期的な頭皮マッサージは非常に有効です。

毎日のシャンプー時にマッサージするのも十分効果がありますが、より隅々まで丁寧にマッサージし、頭皮のディープクレンジングとヘッドスパのようなリラクゼーション効果を期待したい方は、頭皮マッサージ機の使用もおすすめです。リフトアップ効果も期待できるので、顔のたるみ解消や健康的な髪と頭皮を目指す方には最適なアイテムです。おすすめの頭皮マッサージ機は以下の記事でまとめています。

自宅でヘッドスパも可能!頭皮がよくほぐれる頭用マッサージ機おすすめ5選
自宅でヘッドスパも可能!頭皮がよくほぐれる頭用マッサージ機おすすめ5選

続きを見る

髪の紫外線対策をする

髪の紫外線対策をする

髪や頭皮も肌と同じように日焼けをします。髪が紫外線を過度に受けると、髪を構成するタンパク質(ケラチン)が破壊されます。また、髪の表面を覆っているキューティクルはダメージを受けやすく、髪がパサついた結果ツヤも失い、ゴワゴワした広がった髪になってしまいます。

髪の毛に欠かせない頭皮ケアについては、以下の記事でまとめています。

髪・頭皮のUV対策をおこなう
頭皮の日焼けはキケン?紫外線を防ぐ3つの対策&おすすめUVグッズ3選

続きを見る

まとめ

これまで、髪が広がる3つの原因と、広がりを抑える8つの改善ケアをお伝えしました。まとめると以下の通りです。

髪の毛が広がる主な原因

  • 髪のダメージ(乾燥)による湿気吸収
  • もともと量が多く髪質が広がりやすい
  • ヘアケアが不足している

髪をボリュームダウンさせる対策

  • 乾燥から髪を守る
  • 髪と頭皮に優しいシャンプーを使用する
  • 塩素除去シャワーヘッドに交換する
  • 洗い流さないアウトバストリートメントをつける
  • カラーやパーマのダメージはヘアマスクで補修
  • ドライヤーやヘアアイロンから髪を守る
  • 頭皮マッサージで健康的な頭皮を維持する
  • 髪の紫外線対策をする

髪をきれいにするには他にも様々な方法があります。ぜひできることから始めてみて、理想の美髪を手に入れましょう。

ハリ・コシ
髪のサラサラを「長持ち」させる!美容院後に必ずやりたい3つのヘアケア

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアケアのお悩み