ヘアケアのお悩み

【週1回〜】市販品&自宅でOK!トリートメントだけで髪質改善するやり方

母(30代)

髪質改善したいなあ。できれば新しいものを買うのではなく、今あるヘアケアアイテムで効果を出したいんだけど。

アサミ

実はみなさんがすでに持っている「トリートメント」で十分に髪質改善ができます!特別なものを買う必要はありません。ここではその手順をすべてご紹介します。

トリートメント「だけ」で髪質改善は可能!9割が知らないやり方

ヘアケアには様々な方法がありますが、なかでもトリートメントを使う人が大多数です。

このトリートメント、実はほとんどの方は「使い方」が間違っていて、効果を100%活かせていない可能性が高いんです。

一般的なトリートメントの使い方は、

「ボトル容器に入っている→数プッシュして髪に馴染ませる→少ししたら洗い流す」

といった使い方を普通ならイメージしますよね。

しかし、ここにコツがあり、

  • どのくらいの量を?
  • どうやって馴染ませ?
  • どのタイミングで使うのか?

これが違うことによって、髪質改善できる効果が大きく変わってきます。

アサミ

この記事では、どうしたらトリートメントを最大限有効活用して髪質改善するか?について詳しく手順を書いています。ほんとに簡単ですのでぜひチャレンジしてみましょう。

トリートメントの効果を100%引き出す髪質改善のやり方

これから紹介する方法は、

  • 自宅で簡単にできる
  • 週1回のケアで効果が出る
  • いつものトリートメントでできる

というお手軽さのメリットがあります。

さらに、

  • トリートメントの髪質改善効果をMAXにする(例:パサついた髪→まとまりのあるツヤサラ髪)
  • 髪の状態にとらわれない(巻き髪、ヘアオイル、スタイリング剤でもOK)

という効果面でのメリットもあります。

それでは、トリートメントを使った髪質改善のやり方を順番で説明していきます。

1.【入浴前】髪全体をブラッシング

ブラシを使い、髪を下から上に向かって毛先からブラッシングしていきます。

これをシャンプー前に行うことで、髪のほこりが取れる、髪のからまりを防ぐといったメリットがあります。

2.トリートメント(洗い流さないタイプ)をつける

「シャンプー前にトリートメント?」と疑問に思われそうですが、この行程はしっかりと意味があります。

それは、髪をコーティングしてシャンプーの時の摩擦を減らすために、シャンプー前に毛先から髪全体になじませるように洗い流さないトリートメントをつけていきます。

洗い流さないタイプのトリートメントをなじませます。このとき、髪の根元にはつけずに髪の内側と表面にのみしっかりつけます。

アサミ

特に、毛先や中間部分を重点的につけていきましょう。

3.さらにブラッシング(全体になじませる)

ふたたびブラッシングをします。

ここでは全開の目的とは違い、トリートメントを均等になじませるために行います。

具体的には髪をブラッシングし、髪に保湿を浸透させるために約10分間待ちます。

4.トリートメント(普段使いのもの)をつける

ここからがお風呂に入っての行程です。

ここでは、普段シャンプーの時に使っているトリートメントを髪の毛先から中間までつけます。

ポイント

とくに「髪の内側」にしっかりつけましょう。

5.コーミングをする

髪に均等になじませるために、目の粗いコームで髪のからまりをとかします。

トリートメントが髪全体に行きわたるように意識してコーミングしましょう。

6.いったん洗い流す

髪を洗い流した後、泡立てネットで泡立てたシャンプーで頭皮を洗うようなイメージで髪を洗います。

頭の天辺の頭皮にシャワーヘッドを当てて、上から下に洗い流すイメージでシャンプーを洗い流した後、軽くタオルで髪の水気をふき取ります。

7.ふたたびコーミング

目の粗いコームで髪をとかし、シャンプーの時に使っているトリートメントを、髪を細かく小分けにして、毛先を中心に力を入れ過ぎないようにひたすらもみこみます。均等にトリートメントを髪になじませるために、目の粗いコームでやさしく髪をとかしましょう。

ポイント

髪の小分けは細かくすればするほど、髪1本1本の浸透率が上がります。

8.ラップで頭をつつむ

髪をピンでまとめたら、ラップで頭を包んで約10分間待ちます。トリートメントの浸透率を上げるために行います。お家にある普通のラップでOKです。終わったら髪を洗い流しましょう。

ポイント

この時点で指通りのいい滑らかな髪を実感できます。

9.ふたたびトリートメント(洗い流さないタイプ)をつける

仕上げとして、ここでもトリートメントをなじませます。シャンプー前と同じく髪の根本にはつけず、内側と表面になじませるように目の粗いコームでとかしていきましょう。

10.ドライヤーで髪を乾かして完成

最後にドライヤーで、ゆっくりと髪を乾かします。

すると、見た目でもわかるほど髪質改善ができた、つやつやで指通りのいいやわらかい髪の完成です。

まとめ

毎日おこなうシャンプーに、普段使っているトリートメントを今回の手順で工夫するだけで、見た目ではっきりわかるほどの髪質改善を実感できます。

毎日この髪質改善トリートメントをするのは少し大変ですが、週1回でも効果を感じることができるのでおすすめです。

これまでに紹介した手順をまとめると下記の通りです。

  1. 入浴前に髪全体をブラッシング
  2. トリートメント(洗い流さないタイプ)
  3. さらにブラッシング
  4. トリートメント(普段使い)
  5. コーミングをする
  6. いったん洗い流す
  7. ふたたびコーミング
  8. ラップで頭をつつむ
  9. ふたたびトリートメント(洗い流さないタイプ)
  10. ドライヤーで髪を乾かす

詳しいやり方は、各項目を見てみてください。

アサミ

男性で髪質がゴワゴワしている私もやってみましたが、はっきり効果を実感しました。毎日やるのは大変なので、お出かけ予定や週1で仕上げなどで私の妻は取り入れています。

  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-ヘアケアのお悩み