ヘアケア美容家電

【1分】白髪をなくする入浴前の簡単頭皮ケア!薄毛や抜け毛にも期待の裏ワザ

ヘアケアには日々気をつけているのに「白髪が増えた」「薄毛になった」「ボリュームがなくなった」「頭皮の臭いが増えた」と感じる。これ以上どうすればいいんだろう?

アサミ

これらは全て「1分間の頭皮ケア」で改善効果が期待できます。この記事では以下のような効果が期待できる頭皮ケアをご紹介します。

当記事はこんな方におすすめです

  • 抜け毛が増えてきた
  • 薄毛が目立ってきた
  • 髪の立ち上がりが少なくなった
  • もっとリフトアップしたい
  • 自律神経を整えたい

頭皮ケアに使うアイテム

これから紹介する頭皮ケアで使うアイテムは以下の3つのみです。

  1. オイル
  2. ブラシ
  3. 綿棒

それぞれにおすすめのタイプがあるので、解説します。

①おすすめのオイル

いつも肌に使用しているマッサージオイルでOKです。特におすすめなのは以下の4つのオイルです。

スクワランオイル

サラッとした質感で保湿効果、乾燥防止効果が期待できます。

ホホバオイル

クレンジング効果があり、頭皮マッサージにおすすめです。

アルガンオイル

ターンオーバーを促し、アンチエイジング効果が期待できます。

アーモンドオイル

重ための質感だけど、ビタミンEが豊富、肌トラブル防止が期待できます。

②おすすめのブラシ

頭皮ケアでおすすめのブラシは、目の粗いものです。特にプラスチック製のブラシだと洗いやすいのでおすすめですが、もちろん木製のブラシでも大丈夫です。

またサイズは、幅が広いものの方がブラッシングするときに楽になります。

頭皮ケアのやり方

頭皮ケアを行うタイミングはお風呂の前です。おおまかなやり方は、オイルを塗って、それからブラッシングとマッサージを行います。具体的な手順を以下にまとめます。

①オイルの塗り方

小皿に出して、下から順に上に向かって、頭皮をマッサージしながら塗っていきます。

ここで意識するポイントは、髪ではなく頭皮をマッサージするように塗りこむことです。爪を立てず、優しく指の腹でマッサージします。

オイル塗りの具体的な手順

  1. 髪を左右に分けます。
  2. 右の毛束を襟足で持ち上げて、オイルを塗ります。
  3. 終わったら2cmの上ぐらいの毛を分け取って、その部分に塗ります。
  4. また2㎝上ぐらいの毛を分け取って、その部分にオイルを塗る、を繰り返します。
  5. 頭頂部までいったら、反対側も行います。

オイルがしっかり浸透するまで、3分ほど時間をおきます。

②ブラシの使い方

ブラシ全体を使って、フェイスラインから首まで、とかし漏れのないようにとかします。

ブラッシングの具体的な手順

  • 毛先の絡まりをほぐします(絡まったままだと髪が切れたり、枝毛の原因になるので注意)
  • 絡まりがとれたら、頭の前から後頭部~首の部分に向かってとかします。漏れのないように全体をていねいにとかしましょう。

刺激になりすぎないように、ブラシの先端が軽く頭皮にあたるぐらいの強さです。

生え際から首筋まで一気にブラッシングすることで、頭皮にたまっている老廃物を、リンパ管→肝臓経由で体外に出していきます。2往復させて完了です。

③綿棒の使い方

綿棒は少ない力で刺激になるので、おすすめのケア方法です。効果を感じやすいブラッシングの後になりますが、最後の仕上げになるので、しっかりと行いましょう。

綿棒で頭皮ケアをする方法

  • 綿棒を両手に1本ずつ持って人差し指を立てて綿棒に添えます。
  • 前から後ろに向かって、押して放すを繰り返します。
  • 耳から首までラインを押す
  • 次は少し上から始まって首までのラインを押す
  • 少しずつ上がっていって頭頂部まで繰り返します。

範囲は「だいたい頭全体」のようなアバウトでOKです(全部行うととても時間がかかるので。。)

ただそれでも、全体をケアすることをイメージしながら、綿棒を全体的に行き渡らせましょう。

最初に綿棒でコリをほぐしてから、ブラッシングするのもおすすめです。

頭皮のごつごつ部分は、頭蓋骨の外側に長年かけて蓄積した老廃物の可能性もあります。

もしそのような部分を見つけたら、老廃物を綿棒でほぐして砕くような、リンパに流していくイメージでマッサージを行いましょう。

④頭皮ケアをした後は?

頭皮ケアの完了後は、お風呂ですすぎをしっかりして、2回シャンプーをします。

頭皮ケア後のシャンプーのやり方

  • 1回目…軽くシャンプーする(軽く泡立てて、オイルを落とすだけでOK
  • 2回目…しっかりシャンプーをする

シャンプーをしたあとは、すぐに効果を感じることができるようなポイントがあります。

頭皮マッサージの速攻効果

  • 髪の「立ち上がり」が良くなる
  • 髪の「おさまり」が良くなる

マッサージは長くやることで効果を感じやすいものになりますが、このようにすぐに感じることができればモチベーションUPにも繋がりますね。

頭皮ケアの疑問解決と注意点

頭皮ケアの流れ・効果はこれまで記述したとおりで、その有用性をおわかりいただけたことでしょう。

ですがメリットの反面、疑問やデメリットについても気になるところ。

ここでは、多くの方が感じやすい疑問点について、Q&Aでまとめていきます。

①頭皮ケアは毎日やっても大丈夫?

はい、大丈夫です。

特に頭皮の匂い、抜け毛、かゆみが気になる方は、毎日がおすすめです。

毎日のシャンプーで取り切れない、毛穴に詰まった皮脂の汚れなど浮かせて取る働きがあります。

油分が頭皮に適度に浸透するので、乾燥からくるかゆみやフケにも効果的です。

1週間続けると状態が良くなるのを実感できます。

症状が落ち着いてきたら。2~3日に1回、1週間に1回でも充分に効果は得られるようになります。

②オイル後にアウトバストリートメントはつけても大丈夫?

はい、問題ないです。

この頭皮ケア後にでも、アウトバストリートメント等で、いつもと同じ普段通りのケアをしても大丈夫です。

ただしやりすぎには注意しましょう。

例えばギトギトになるまで使うなどはNGです。頭皮に異常を感じた場合などは、すぐに使用をやめましょう。

まとめ

お風呂前に「たった1分」だけでできる、今回ご紹介した頭皮ケアはとても手軽にできるヘアケアです。

「白髪」「薄毛」「ボリューム減」「頭の臭い」など、このマッサージを行うことで効果が期待できます。

今回紹介したおおまかなポイントをまとめますが、詳しくは本文にあるそれぞれの詳細をご確認ください。

  • 使う道具は、普段使っている「マッサージオイル・ブラシ・綿棒」だけ
  • 髪を分けて頭皮に充分にオイルが染み込むようにマッサージする
  • 頭皮ケアを行えば、頭蓋骨上の老廃物を体外排出させる効果が期待できる
  • 毎日行えば1週間で頭皮トラブル解消を実感しやすい、それ以降は2~3日に1度でOK

頭皮や体への老廃物は、人間であれば誰でも大小あれどたまってしまうものです。

ほぼ毎日行うシャンプー時に、今回紹介したマッサージによる頭皮ケアを取り入れて、健康で清潔な頭皮環境を作っていきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-ヘアケア美容家電