髪の悩みと改善方法

【白髪や若白髪の原因と効果的な対策7選】黒髪に戻す方法は?

【白髪や若白髪の原因と効果的な対策7選】黒髪に戻す方法は?

アラフォー世代の髪の悩みの断然1位が「白髪」と言われています。

ナチュラルなグレイヘアも素敵ですが、それでも日に日に増えていく白髪を眺めるのはツラいものがありますよね。

20代や30代前半から白髪が生えてきた女性にとっては、なおさらのことでしょう。

今日は、30代・40代から増え始める白髪と10代・20代での若白髪の10の原因と、白髪の予防と改善に効果的な7つの対策を解説していきます。

結論を先に述べますと、加齢によって完全に色を失ってしまった髪を黒髪に戻すことは、現代医学ではほぼ不可能です。

しかしながら、老化や遺伝以外が原因の若白髪や早期の白髪の増加を抑えることは十分に可能だと言えます。

白髪の10の原因と7つの対策を理解し、ぜひ健康的で美しい黒髪の維持に役立ててください。

 



 

白髪が生えるメカニズム

白髪が生えるメカニズム

実は、生まれたての髪は、もともとはすべて白髪です。

髪は毛根の毛母細胞で作られるのですが、そこにあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を与えることによって、髪の色を黒くしています。

メラニン色素の種類によって、真っ黒な髪だったり、茶色がかっていたり、ブロンドヘアなどと、髪の色に違いが生まれます。

このメラノサイトの機能が様々な原因によって低下もしくは停止することで、メラニン色素が生成されずに、色の付かない白髪が生えてくるという仕組みになっています。

 

30代・40代から始まる白髪の原因

30代・40代から始まる白髪の原因

白髪は、日本人平均で男女ともに35歳を過ぎたころから徐々に増え始めるとされています。

ですから、30代や40代で生えてくる白髪の原因は、一般的な加齢による可能性が高いと言えます。

遺伝によっても、白髪が始める年齢はある程度決められています。

しかし、必ずしもすべての原因が加齢や遺伝によるものではなく、様々な要因によって白髪が引き起こされることが分かっていますので、それぞれの原因に対応した予防・改善策が有効です。

 

10代・20代の若白髪の原因

10代・20代の若白髪の原因

10代や20代で発生する若白髪の原因は、遺伝以外の様々な要素も十分に考えられます。

メラノサイトの機能が完全に停止していなければ、白髪を予防できる可能性は十分に考えられますので、次の章で挙げる原因を知って、それぞれに効果的な対策を行いましょう。

 

白髪が増える10の原因

白髪が増える10の原因

白髪が生える原因を理解することで、その予防や改善に大いに役立ちます。

白髪の発生は、メラノサイトの衰えによるものです。

メラノサイトが衰える原因には、以下の10コがあります。

 

1. 加齢

白髪の一番の原因は、加齢によるものです。

加齢による老化で、メラノサイトの機能が低下していくことで、髪の色が徐々に白くなっていきます。

生成されるメラニン色素には限りがあるということを理解しましょう。

加齢によって失われたメラニン色素の再生成は、現代の医学ではほぼ不可能だと言われています。

物理的に白髪染めで髪を黒くするか、白髪が増えていく前に、後述する対策でメラノサイトの衰えを予防する必要があります。

 

2. 遺伝

両親のどちらも若いうちから白髪が生えていた場合は、遺伝によってそれを引き継ぐ可能性は高いと言えます。

しかし、顕性遺伝(優性遺伝)と呼ばれるものは、色の濃い方の遺伝を受けやすともされているので、片方の親が白髪が生えにくい場合は、そちらの遺伝が強く出る確率も高くなります。

 

3. ビタミン不足

ビタミン不足と若白髪の因果関係は、様々な研究によって報告されています。

特にビタミンB12の不足と若白髪には大きな関連性があります。

ビタミンB12は赤血球の働きに役立つため、その欠乏による貧血状態がメラニン生成に悪影響を与えます。

その他にも、ビオチン(ビタミンB7)、ビタミンB6、ビタミンD、ビタミンEの不足によって白髪が発生する可能性が、いくつかの研究によって報告されています。

 

4. 酸化ストレス

体内の酸化ストレスが増えることで、フリーラジカル(活性酸素)の影響により、早い老化や白髪化が進むとされています。

精神的ストレス、過剰なアルコール摂取、喫煙、偏った食生活などが原因で、フリーラジカルが過剰な状態になります。

このフリーラジカルによる酸化ストレスを打ち消す能力を持つのが、抗酸化物質と呼ばれるものです。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが、抗酸化物質として有名です。

 

5. 精神的ストレス

フランス革命で処刑されたマリー・アントワネットが、処刑の前日に一夜にして白髪になったという逸話があるように、ストレスと白髪の因果関係は古くから伝えられてきました。

近年、ハーバード大学の研究チームによって、急性ストレスによるノルアドレナリンの増加が、メラノサイトを消滅させるという研究結果が発表されました。

メラノサイト幹細胞が完全に失われた毛包から生える髪の毛の色を自然に改善させることは、ほぼ不可能だと考えられます。

しかし、白髪が始まったばかりの時期は、一部の毛包はまだ順応性があり、白髪が元に変化する可能性があると、コロンビア大学の研究チームにより報告されています。

 

6. ホルモンバランスの変化

妊娠や出産によるホルモンバランスの変化によっては、メラニン色素の生成力を低下させる可能性も指摘されています。

髪に送られる栄養や成長ホルモンの滞りが、その原因と考えられます。

 

7. 紫外線

高レベルの紫外線を浴び続けることで、体内の酸化ストレスレベルが増え、白髪の発生が早まる可能性があります。

また、紫外線による頭皮や毛根へのダメージが、メラノサイトの機能を低下させる可能性も考えられます。

 

8. 特定の病気

自己免疫疾患や甲状腺機能障害といった特定の病気は、メラニン生成を低下させることが知られています。

ストレスが原因の円形脱毛症や、病気による脱毛も、メラノサイトの機能を低下させることがあります。

病気の回復と共にメラノサイト機能が回復することもあれば、完全にメラニン色素の生成力を失ってしまう場合もあります。

 

9. 喫煙

タバコの喫煙と若白髪の関連性も、いくつかの研究によって指摘されています。

2013年のイタリアの研究では、喫煙者の30歳未満の若白髪が発生する可能性が、非喫煙者に比べて2.5倍高かったと報告されています。

その他の研究でも、喫煙により白髪発生の時期が早まる可能性があると指摘しています。

タバコに含まれる毒素が、毛包を含む体の一部に損傷を与え、初期の白髪を早める可能性があります。

また、喫煙は肺がんや心臓病のリスクを高めるだけでなく、血管を収縮させ、毛包への血流を減らし、脱毛を引き起こす可能性があるとの報告もされています。

 

10. ヘアケア製品

一部のヘアケア製品には、メラノサイトの機能を低下させる有害物質が含まれています。

カラー剤やパーマ剤、ブリーチ剤に多く含まれる過酸化水素は、メラニンを分解して色を明るくするだけでなく、頭皮に付着し残留すると、酸化ストレスによるメラノサイトの機能低下を招くこともあります。

 

白髪を抜くとどうなるの?抜くと白髪が増えるのは本当?

白髪を抜くとどうなるの?抜くと白髪が増えるのは本当?

白髪を抜くのはNGです。

メラニン色素が失われた白髪を抜いても、次に生えてくるのも白髪になるため、長い目で見た時に白髪が減少することはありません。

白髪がを抜くとその他の白髪が増えるということはありませんが、メラニン色素が多少残っている髪の毛をを抜く行為は、毛根にダメージを与え、メラノサイトの完全消滅にも繋がります。

脱毛による毛根へのダメージは、新しい髪の成長をストップさせる可能性もあるので、白髪であってもなくても、髪を抜く行為はやめるべきでしょう。

抜いた眉毛が生えてこなくなることと同じことが、髪の毛にも言えます。

 

白髪を黒髪に戻すことはできる?

白髪を黒髪に戻すことはできる?

現代の医学では、メラノサイト幹細胞が完全に失われた毛包から生える髪の毛の色を自然に改善させることは、ほぼ不可能だと考えられています。

ただし、加齢や遺伝による避けられない要素を除けば、白髪の発生を予防することは可能だと言えます。

コロンビア大学の研究チームにより、白髪が始まったばかりの時期は、一部の毛母細胞はまだ順応性があり、白髪が元に変化する可能性があるとの報告もされています。

特に、加齢や遺伝以外の原因による若白髪は、改善の余地は十分にあります。

病気やストレスからの解放、食生活や生活習慣の改善によって、メラノサイトの機能が回復し、黒髪の成長を促進させる可能性があります。

 

白髪の予防や改善に効果的な対策7選

白髪の予防や改善に効果的な対策7選

メラノサイトの機能を回復させ、白髪の予防や改善に効果的な7つの対策を紹介します。

早期の白髪は十分に改善の余地はありますので、ぜひこれらの対策を行ってみましょう。

 

1. 髪に良い食事を摂る

髪に良い食事を摂る

食事によって髪に良いビタミンや栄養素を積極的に摂取することが、白髪の予防に繋がるでしょう。

「海藻や黒ゴマを食べれば髪が黒くなる」というのは迷信に過ぎませんが、全く効果がないとは言えません。

海藻にはビタミンB群や抗酸化作用のあるベータカロテンが豊富ですし、黒ゴマにはビタミンEやビオチンが含まれています。

それだけを食べるのではなく、髪や健康に良いとされる栄養素をバランス良く摂ることが重要になります。

次の栄養素は、メラニン色素の生成と髪の成長に役立つことが知られています。

 

白髪改善に必要な栄養素

  1. ビタミンB群
  2. 抗酸化物質
  3. 鉄・亜鉛・銅
  4. タンパク質
  5. チロシン

 

1. ビタミンB群

ビタミンB群は、白髪予防にも、髪の美容と健康すべてにおいても最も重要な栄養素です。

頭皮と毛包を含む体内のすべての細胞に酸素と栄養素を運ぶ赤血球の生成を助けたり、髪の元となるタンパク質を形成するアミノ酸の生成を助ける働きがあります。

その中でも、白髪予防に効果的とされるのは、B12、B6、パントテン酸(B5)、ビオチン(B7)、葉酸(B9)になります。

これらは、肉類、魚介類、豆・ナッツ類、葉物野菜から豊富に摂取することができますが、ビタミンB12は動物性食品に頼る必要があるので、ヴィーガンの方はサプリメントなどで補いましょう。

 

2. 抗酸化物質

酸化ストレスを抑えることが、早期の白髪予防やアンチエイジングに重要になってきます。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが、抗酸化物質として有名です。

ベータカロテンとして知られるビタミンAは、にんじん、ほうれん草、ケール、カボチャなどに含まれます。

ベータカロテンと同じ赤色カロテノイドの一種のアスタキサンチンは、サーモンにも含まれています。

ビタミンCは、パプリカ、ピーマン、柑橘系の果物に豊富です。

ナッツ類や植物オイルは、ビタミンEの優れた供給源になります。

抗酸化性の高いポリフェノールは、カテキン・イソフラボン・アントシアニンなどが有名ですが、その種類は約8000にも及びます。

赤ワイン、コーヒー、緑茶、紅茶、大豆、チョコレートなどから摂取可能です。

 

3. 鉄・亜鉛・銅

鉄分・亜鉛・銅といったミネラルは、メラニン色素の生成を助け、その欠乏や貧血は若白髪との関連性も指摘されています。

銅は、大豆やアーモンド、魚介類に多く含まれるため、日本人にとってはそこまで不足しているミネラルではありません。

亜鉛は吸収されにくく不足がちになってしまうので、カキ・アサリ・シジミといった貝類全般を少し意識して食べると良いでしょう。

貝類には鉄分も豊富で、他には、魚、赤身肉やレバー、卵、ほうれん草、豆類に多く含まれます。

 

4. タンパク質

タンパク質は髪の成長と健康には欠かせません。

髪の99%は、ケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されており、必要なタンパク質を確保できていないと、ケラチンの生成に影響を与え、髪の毛の成長を遅くします。

鶏・豚・牛の赤身肉や魚類などの動物性タンパク質、大豆などの豆類から得られる植物性タンパク質が代表的です。

ケラチンの生成を助けるアミノ酸の、システイン、シスチン、リジンも、肉類や魚類、豆類を食べることで摂取できます。

 

5. チロシン

非必須アミノ酸の一種であるチロシンが、メラニン色素の生成に必要不可欠とされています。

チロシンが不足すると、メラニン色素が生成されずに、白髪の発生が早まる可能性があります。

チーズ、魚卵、大豆や豆類・ナッツ類から摂取することが可能です。

ただし、チロシンの過剰摂取は、シミやそばかす、日焼け促進の原因となる可能性もあるので、注意が必要です。

 

上記の栄養素を意識しながら、髪に良い食べ物をバランス良く摂取することを心がけましょう。

髪に良い食べ物15選☆女性の美髪と健康的な頭皮に☆
髪に良い食べ物15選「女性の美髪と健康的な頭皮に」

美髪や健康的な頭皮は、毎日の食生活によって作られると言っても過言ではありません。 あなたの髪は、月に約1~1.25cm、年に12~15cmほど成長しますが、その成長スピードは、年齢、健康状態、遺伝、食 ...

続きを見る

 

2. 白髪予防に効果的なサプリメントの摂取

白髪予防に効果的なサプリメントの摂取

上記の栄養素を配合したサプリメントを摂取することで、効率的・経済的に白髪を予防する効果も期待できます。

食事から十分な栄養素を摂取できない方は、サプリメントからの補助はとても有効です。

白髪対策の国産サプリメントは、美容内科医と毛髪診療医が監修した【ブラックサプリEX】か、【ブラックナチュレ】が人気です。

【ブラックサプリEX】

【ブラックナチュレ】

 

ブラックサプリEX

 

白髪改善だけでなく、髪の健康全体に良いサプリメントは、髪に良いサプリメントおすすめランキング7選「女性の美髪と育毛に」で紹介しています。

髪に良いサプリメントおすすめランキング7選☆女性の美髪と育毛に☆
髪に良いサプリメントおすすめランキング7選「女性の美髪と育毛に」

女性の美髪や健康的な頭皮には、必要となる10の栄養素をバランスの良い食事から摂取することが何よりも大事です。 食事ではどうしても補いきれない栄養素を、サプリメントの摂取によって補うことで、より綺麗で美 ...

続きを見る

 

3. ストレス管理と生活習慣の改善

ストレス管理と生活習慣の改善

精神的ストレスによって白髪が増えてしまうことは、疑いのない事実です。

高レベルのストレスから、いかに自分自身を守るかが重要になります。

ストレスの管理と低減方法としては、以下の5つが考えられます。

 

ストレスの管理方法

  1. エクササイズ
  2. 趣味
  3. ストレスの把握
  4. ヨガ・瞑想
  5. マッサージを受ける

 

詳しくはこちらをご覧ください。

髪とストレスの関係☆白髪や抜け毛との因果関係と改善策☆
【髪とストレスの関係】白髪や抜け毛との因果関係と改善策

抜け毛によるハゲや薄毛は、男女にとってもの凄く大きな悩みの種となるでしょう。 男性にとっては、20~30代の70%の人が薄毛の悩みに直面しているとされます。 女性にとっても、薄毛やボリュームダウン、白 ...

続きを見る

 

また、質の高い睡眠をとることも、ストレスレベルを下げるのにとても効果的です。

睡眠と髪の健康にも密接な関連性があるので、一度勉強しておきましょう。

睡眠と髪質や薄毛との関係☆寝る時に髪が痛まない方法7選も紹介☆
【睡眠と髪質や薄毛との関係】寝る時に髪が痛まない方法7選も紹介

睡眠の質が悪いと、ストレス、肌のトラブル、エネルギーや免疫力の低下など、多くの健康上の問題が発生します。 そして、睡眠サイクルはあなたの髪の健康にも大きな影響を与えます。 今日は、睡眠が髪質や薄毛に与 ...

続きを見る

 

4. 紫外線から髪を守る

紫外線から髪を守る

過度な紫外線を浴び続けることで、体内の酸化ストレスレベルが増え、白髪の発生が早まる可能性があります。

紫外線による頭皮や毛根へのダメージが、メラノサイトの機能を低下させる可能性も考えられるので、髪や頭皮の紫外線対策は必須です。

帽子をかぶったり、日傘をさすといった物理的な対策と併せて、髪用の日焼け止めの使用も推奨されます。

髪や頭皮の日焼けケアの重要性☆おすすめUV対策方法も紹介☆
【髪と頭皮の日焼けケアの重要性】おすすめUV対策方法も紹介

肌の日焼け対策は徹底していても、ついつい髪や頭皮のケアは忘れてしまいがちです。 もちろん頭皮も、肌の他の部分と同じように、日光の下で紫外線(UV)に過度にさらされると、炎症を起こし、火傷をした状態にな ...

続きを見る

 

5. 喫煙をやめる

喫煙をやめる

タバコの喫煙も、若白髪の発生との強い関連性が報告されています。

さらに、タバコの有害物質は脱毛を引き起こす可能性すら指摘されているほどです。

毛根へのダメージだけでなく、どんな物質よりも発がん性の高い有毒物質に指定されているので、禁煙を強くおすすめします。

過度なアルコール飲酒も、喫煙と同等の発がん性レベルに指定されていますし、脱毛の可能性も示唆されています。

 

6. ブリーチを避ける

ブリーチを避ける

カラー剤やパーマ剤、特にブリーチ剤に多く含まれる過酸化水素が頭皮に付着し残留すると、酸化ストレスによるメラノサイトの機能低下を招くことがあります。

早期の白髪増加を防ぐためには、過度なブリーチは避けた方が良いかもしれません。

 

7. 白髪染め・白髪染めシャンプー・トリートメントの使用

白髪染め・白髪染めシャンプー・トリートメントの使用

生えてしまった白髪を黒髪に改善することはほぼ不可能ですから、物理的に白髪染めをするしかありません。

市販の白髪染めでセルフで行うか、ムラなく綺麗に染めてくれるサロンに行くかの選択になります。

【楽天市場】白髪染め | 人気ランキング

 

また、白髪染めシャンプーやトリートメントを使用して、1回もしくはだんだんと黒髪に染めていく方法もあります。

頭皮への負担を考えるとシャンプーよりもトリートメントタイプをおすすめしますが、興味のある方はぜひ活用してみましょう。

 

白髪染めトリートメント人気3選

 

白髪染めを綺麗にキープできると話題の黒髪クリームシャンプーもおすすめです。

黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】

 

まとめ

白髪が増える10の原因と、予防や改善に効果的な対策7選は以上となります。

完全に機能を失ってしまったメラノサイトを復活させることは難しいですが、早期の白髪予防や改善を諦めるのは時期尚早です。

7つの対策を行い、健康的な黒髪キープに役立てましょう。

 



 

-髪の悩みと改善方法