ヘアケアのお悩み

シャンプーがうまく泡立たない3つの原因とは?今日すぐ実践できる2つの対策

毎日シャンプーをしているのに泡立ちが悪い…原因と対策が知りたい。

アサミ

シャンプーが泡立たないのには、いくつかの理由があります。この記事を読めば泡立たない原因と、すぐにできる対策方法が分かりますよ。

シャンプーが泡立たない3つの原因とは?

シャンプーが泡立たたない理由は、大きく分けて3つあります。

ひとつひとつ自分に当てはまるものがないか確認し、普段のシャンプーを見直していきましょう。

1.頭皮や毛穴が皮脂で汚れている

頭皮や毛穴に皮脂が詰まっているとシャンプーの泡立ちが悪くなります。

量に個人差はありますが、人間の体は常に皮脂を分泌しています。

特に汗をよくかく夏場や運動をしたあとは分泌量が増えて、皮脂が詰まりやすくなります。

皮脂は油分なので、水やお湯だけではなかなか落とすことができません。

2.スタイリング剤が残っている

シャンプーが泡立たない原因の2つ目は残ったスタイリング剤です。

昼間髪をセットするのに必要不可欠なスタイリング剤ですが、あまり大量につけると水と混ざりにくくなり、シャンプーが泡立たなくなります。

後ほど詳しく記載しますが、1.2の対策としては「予洗い」があります。

3.髪に蓄積されたダメージ

最後の原因は、髪に蓄積されたダメージです。

繰り返しのパーマやカラーで髪が傷んでいると、表面のキューティクルが剥がれた状態になります。

すると、シャンプーをした際にキューティクルの隙間から水や洗浄成分が入り込んでしまい、泡立ちにくくなるんですね。

泡立たないことでゴシゴシと髪を洗ってしまうと、さらにダメージを進行させてしまい、悪循環になってしまいます。

では、どうすればシャンプーを効果的に泡立てることができるのでしょうか?

シャンプーの泡立ちを良くする2つの対策

シャンプーの泡立ちを良くするための対策は「ブラッシング」と「予洗い」です。

どちらもシャンプー前に行う方法なので、順番に見ていきましょう。

①ブラッシング

まず1つ目のブラッシングですが、このひと手間がとても重要になります。

ブラッシングがなぜ重要かというと、目的は2つあります。

  • 髪の毛の絡まりを取ること
  • 髪についた汚れを落とす(浮かす)こと

髪の毛が絡まったままだと洗うときに切れてしまったり、効率よく汚れを落とすことができません。

全ての工程の前にまずはブラッシングで汚れを落とし、髪の絡まりをほどいておきましょう。

②予洗い

もっとも重要なのが、この「予洗い」という工程になります。

予洗いとは、シャンプーの前にお湯だけで汚れをざっと落とす作業です。

予洗いをすることで、髪の汚れの7~8割は落とせると言われていますので、そのあとのシャンプーの泡立ちも格段に良くなります。

要は余分な汚れ(=油分)を落としてしまえば、シャンプーの泡立ちを妨げるものがなくなるということですね。

予洗いが済んでいれば、そのあとのシャンプーでゴシゴシ洗う必要はありません。

しっかり泡立てた泡で優しく洗うことで髪への摩擦が少なくなり、ダメージを軽減できますので、ぜひこの方法を試してみてください。

まとめ

  • シャンプーが泡立たない大きな原因は皮脂(=油)汚れ
  • 髪のダメージも泡立たない原因のひとつ
  • スタイリング剤を過度につけすぎないことが重要
  • ブラッシング&予洗いで大まかな汚れを落としておく
  • シャンプーはしっかり泡立てた「泡」で洗うことを意識する
  • シャンプーするときにゴシゴシはNG!
  • この記事を書いた人
アバター

アサミ

4人家族で唯一のメンズ(父)な元スタイリスト。日に日に美意識が高まるレディーたち(母・娘)のため、髪・肌に優しい自然派なヘアケア情報を探し求めている。趣味はトマトがメインの家庭菜園とボタニカルアート。

-ヘアケアのお悩み